レジンでグラデーションをやってみたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

わたしも、最初は単色で作っていたのですが、手芸屋さんにいくとグラデーションの作品が展示されていたりすると、

お姉さんニコニコ

キレイだなぁ~、わたしも作ってみたい


とずっと思っていました。

でも、うまく作れる自信がなかったので、ずっとやってなかったのですが、ワークショップに参加してコツをつかむことができました。

レジンでグラデーションのやり方イントロ画像

そのワークショップで学んだことをまとめましたので、グラデーションの作り方をシェアさせていただきますね。

最初にグラデーションのコツをお伝えし、そのあとで必要な道具や材料、作り方を解説していきます。

なお、作り方は次の2つのやり方をお届けします。

  • ラメパウダーを使う
  • カラーレジン液を使う

すべて100均の材料を使いますので、経済的にもとってもお得ですよ~。

それではいっしょに見ていきましょう~。


スポンサーリンク

レジンでグラデーションの作り方のコツ

グラデーションを作るときのコツを最初にお伝えしておきますね。

それは、次の2点です。

  • 境界線をぼかす
  • 端から徐々に色を変えていく

一つずつ解説しますね。

【境界線をぼかす】
境界線というのは、色と色との境目のことです。

枠やシリコンの中に入れただけの状態だと、境目がはっきりしていて、グラデーションに見えません。

そこで、爪楊枝でぼかしていきます。

ただし、ぼかし過ぎると全体が混ざってしまいますので、あくまで境界付近だけぼかしてくださいね♪

【端から徐々に色を変えていく】
色の順番も大切です。

たとえば、紫から徐々に白っぽくしたいのであれば、「紫」 → 「濃青」 → 「薄青」 → 「白」といった風に徐々に薄くしていくイメージです。

おおよそ、4色くらいあれば十分グラデーションになるはずです。

この二つのコツをつかんでおけば、失敗することがないはずですよ~!


スポンサーリンク


レジンでグラデーションの作り方

グラデーションの作り方を「ラメパウダー」 → 「カラーレジン」の順番で解説しますね。

レジンでグラデーションの作り方(ラメパウダー)

それでは、最初にラメパウダーを使ったグラデーションの作り方を解説しますね。

やり方を動画に撮りましたので、まずはこちらからご覧ください。

ラメパウダーを入れる量などを確認してみてくださいね♪



ラメパウダーは8色入りで、100均に売っていますよ~。

着色の手間がないのでとても簡単なんです。


スポンサーリンク


レジンでグラデーションの作り方に必要な道具と材料(ラメパウダー)

必要な道具と材料は以下の通りです。

レジンでグラデーションのやり方必要な道具と材料

必要な道具
  • UVランプ
  • 爪楊枝

次に必要な材料です。

必要な材料
  • レジン液
  • ラメパウダー
  • ミール皿
  • 封入パーツ

UVランプとレジン液は次の製品を使っています。適度に粘性があって透明度が高いのが特徴です。



では、作り方の解説を致します。

レジンでグラデーションの作り方手順(ラメパウダー)

ラメパウダーを使う場合は、レジン液は着色しません。透明のままでOKです。

1.グラデーションを作る

レジン液を薄く入れて、その上からラメパウダーを入れていきます。下から、「パープル」 → 「青」 → 「シルバー」 → 「白」の順にしてみました。

レジンでグラデーションのやり方手順1レジンでグラデーションのやり方手順1

レジン液を入れたら、ラメパウダーを入れていきますね~。

上述していますが、「パープル」 → 「青」 → 「シルバー」 → 「白」の順に入れていきます。

レジンでグラデーションのやり方手順1レジンでグラデーションのやり方手順1レジンでグラデーションのやり方手順1レジンでグラデーションのやり方手順1

2.境界線をぼかす

色と色の境目を爪楊枝でぼかしてください。自然なグラデーションになりますよ~。そのあとで、硬化してくださいね。

レジンでグラデーションのやり方手順2レジンでグラデーションのやり方手順2

3.パーツを封入する

星やパールなどのパーツを入れてデコレーションします。

レジンでグラデーションのやり方手順3レジンでグラデーションのやり方手順3

一つ目のパーツを入れたらいったん硬化し、またレジン液を入れて二つ目のパーツを配置して硬化します。

レジンでグラデーションのやり方手順3レジンでグラデーションのやり方手順3

4.表面を作る

最後にレジン液で少しぷっくりさせれば完成です!

レジンでグラデーションのやり方手順4

ぷっくりさせるコツは、レジ液を少しずつ入れて硬化するのがポイントです。

詳しく解説している記事がありますので、ぜひ確認してみてくださいね~。

レジンをぷっくりさせる方法!はじめてでもコツや作り方がよくわかる

ストラップもつけてみましたよ~。

レジンでグラデーションのやり方手順4

ストラップの代わりにネックレスなどの金具をつけてもいいですよね~。

難しく感じるかもしれませんが、やり方さえわかってしまえば実は簡単です!

詳しく解説している記事がありますので、ぜひご確認くださいね♪

レジンで金具の付け方!必要な道具や手順をわかりやすく教えるよっ

では、次にカラーレジン液を使ってグラデーションを作ってみますね。


スポンサーリンク


レジンでグラデーションの作り方(カラーレジン)

必要な道具と材料、および作り方はラメパウダーとほとんど変わりません。

材料の変更点は、レジン液をカラーレジン液にするだけです。

空枠を使ったので、事前準備としてマステ台に空枠を貼って薄くレジン液を入れて硬化しておいてくださいね♪

あとは、手順1のグラデーションの作り方だけ少し異なりますので解説しておきますね。

1.グラデーションを作る

下から、「パープル」 → 「青」 → 「透明」の順番に入れていきます。コツのところでもご紹介したように境界線を少しぼかしてくださいね。もし、色が薄く感じるようなら裏からもカラーレジン液を塗ると濃くなりますよ♪

レジンでグラデーションの作り方カラーレジン編

カラーレジンはもともと色がついているのでムラができにくく着色する手間を省けるのでとってもお手軽です。

ただ、基本的に色が薄いので、濃い目の作品を作る場合は向いていないかもしれませんね(^^)

今回はもともと色がついているカラーレジンを使用しましたが、自分で好みの色を作ることも当然できますよ~。

いろいろな着色の仕方を詳しく解説している記事がありますので、ぜひご覧くださいね!

レジンの着色方法!おすすめ素材や透明感など徹底解説【保存版】

以上、「ラメパウダー」「カラーレジン液」を使ったグラデーションを解説しました♪


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

レジンでグラデーションのやり方を3種類ご紹介してきました。

簡単に今回の記事内容を振り返っておきますね。

【レジンでグラデーションのやり方】

  1. グラデーションを作る
  2. 境目をぼかす
  3. パーツを封入する
  4. 表面を作る

これまで背景を1色で作ってこられた方は、ぜひグラデーションにも挑戦してみるといいと思います!

特に着色が面倒ならラメやカラーレジンはおすすめですよ~。

この記事がこれからレジンでグラデーションを作りたいと思っている方の参考になればうれしいです。

Youtubeにたくさん動画を出しています!

僕は工作やハンドメイドが大好きで、休日や平日の夜にもよく作っています。

記事の冒頭に載せているような動画を、Youtubeにたくさんアップしています♪

気に入って頂けたら、下のボタンを押してお気に入りに入れてもらえるとうれしいです~。


スポンサーリンク