愛知県の方言と言えば、名古屋弁が有名ですよね~。

でも、厳密には県東部の方言は、三河弁と呼ばれていることをご存知でしょうか。

地域としては、愛知県豊田市や岡崎市などが含まれるんですよ~。

私の同僚にも岡崎出身の人がいて、飲みに行くと方言が出るのですが、それは独特でけっこう聞き取れないことも多かったのを覚えています(^^;

そんな、三河弁を一覧にしてまとめてみましたので、シェアさせて頂きますね!

記事の後半は、三河弁を使った早口言葉もご紹介していますので、最後までお付き合いくださいね。


スポンサーリンク

三河弁(愛知東部の方言)

三河弁は愛知県の東部で使われる方言です。

愛知といえば名古屋弁のイメージがあるかもしれませんが、地方によっては三河弁が使われます。

では三河弁にはどのような特徴があるのか、三河弁を40個以上、次のジャンルに分けて紹介していきます。

三河弁

  • よく使う
  • なんとなくわかる
  • まったくわからない
  • かわいい


スポンサーリンク


よく使う

三河弁意味
あーへん無い
あかんだめ
あけたるあける
えらい疲れた
きんのう昨日
さぶい寒い
ほっかーそうなんだー
まっともっと
やーへんやろう
いっしょくたまとめる

こちらは三河弁の中でもよく使う方言です。

パッと見ではなんとなくわかる方言が多いというイメージでしょう。

あかん」や「きんのう」など意味を知らなくてもわかりますよね♪

一方で「えらい」や「あーへん」など分かりにくい方言もあります。

ただ「えらい」はよく使う方言なので、しっかりと押さえておきましょう♪


スポンサーリンク


なんとなくわかる

三河弁意味
あっこあそこ
おまんおまえ
いこまい行きましょう
いじくるさわる
つれ友人
ようけたくさん
うちら私たち
ずる引きずる
えばる威張る
こすい卑怯

こちらはなんとなくわかる三河弁です。

この三河弁ならそのままでも伝わるでしょう。

例えば「あっこにいこまい」と言われてもなんとなくイメージは付くと思います。

他にも「ようけつれを集めてパーティーを開く」というように、三河弁が使われていても問題なく分かるでしょう。

三河弁の中には標準語と近い意味を持つ方言が意外と多いです。

方言の中でもなじみやすい部類に当たるでの安心してくださいね♪


スポンサーリンク


まったくわからない

三河弁意味
いざらかす動かす
おうじょうこく大変
がれ
ぐろ端っこ
さげる持つ
つんどる混む
ひずるしいまぶしい
ひとなる育つ
へぼい弱い
めっそ目分量

比較的わかりやすい三河弁ですが、このようにまったくわからない方言もあります。

これらの方言は標準語と意味が離れているので、意味を知っていないと理解できないでしょう。

例えば「今日の電車はつんどる」と言われると、電車に何か物を積んでいるのかと思いますよね?

他にも「おうじょうこく」は何を意味しているのかまったくわからないでしょう。

もし三河に用事がある時は、まったくわからない方言だけでも、覚えておいた方が良いかもしれませんね♪


スポンサーリンク


かわいい

三河弁意味
おいでん来なさい
かっちん玉ビー玉
かいいこ買いに行く
きいない黄色
たあけばか
ちんちん非常に熱い
はよー早く
ぺっしゃんこつぶれる
みりん~なさい
やっとかめ久しぶり

三河弁にはかわいい方言もあります。

全体的になんとなくかわいい感じがしますよね♪

例えば「おにぎりがぺっしゃんこになった」「スーパーにゲームをかいいこ?」と言われるとキュンとするでしょう。

中には「ちんちん」のように意味を知らないと誤解する三河弁もあります。

標準語の意味でとると下ネタの意味になりますが、三河だとお湯が熱い時に使います。

会話中に「ちんちん」と出たとしても、おそらく下ネタ的な意味はないので気を付けておきましょうね♪


スポンサーリンク


語尾・イントネーション

三河は語尾が特徴的でかわいい印象があります。

語尾意味
~じゃん~ね・だ
~だら~でしょ
~りん~しなよ
~だに~だよ

これらは三河の中でもよく使われる語尾です。

例えば「このお菓子おいしいじゃん」のように使います。

~じゃん」については他の地方でも使うので、方言という感じがしませんね♪

~だら」は「今日学校いくだら?」のように問いかけの時に使います。

~りん」は「早く準備するりん(早く準備しなよ!)」のように、少し命令形っぽい言い方です。

使い方によってはきつく聞こえるので気を付けておきたいですね♪

最後に「~だに」は「今日は会議があるだに」と使います。

「~だに」も三河で有名な方言ですが、聞き慣れていないと何を言っているのか分かりませんよね?

でも意味は「~だよ」と言っているだけです。

慌てるほど難しい三河弁ではないので安心してくださいね♪


スポンサーリンク


早口言葉

三河では方言がたくさん使われたおもしろい早口言葉があります。

今回は特に有名な3つを紹介しますね♪

早口言葉1.「そういやけったこわけてまったでちゃっとけったやいかなかんかったわ

もはや何を言っているのかは三河の人にしか分かりませんね。

一応意味を解説すると「そういえば自転車が壊れてしまったので、早く自転車屋に行かなければいけなかったよ」です。

「けった」というのが標準語で自転車という意味があります。

「けった」だけでも覚えておくと良いですね♪

早口言葉2.「こんどんときはときんときんのえんぴつもってかんとかん、てかちゃんとけずっとかんとかんっていっとかんとかん

意味は「今度は尖った鉛筆を持っていかないといけない、というか、きちんと削っておかなければいけないと言っておかなければいけない」です。

もはや標準語でも何を言っているのか分かりにくいですね♪

早口言葉3.きっとかっとかっとかんといかんかったのにあんたがかっとかんかったでいかんかったんだわ

意味は「キットカットを買っておかなければいけなかったのに、あなたが買っていなかったのだからいけない」です。

早口言葉にお菓子のキットカットが使われているのは面白いですね♪

このように、三河には面白い早口言葉があります。

一度言葉にしてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


三河弁を一覧でわかりやすくご紹介してきました!

中部地方の方言については、他県も一覧でわかりやすく解説している記事があります!

こちらも合わせてご覧になってくださいね♪

当サイトでは、日本全国47各都道府県の方言をご紹介しています!


まとめ記事から、すべてご確認いただけますので、よかったらご覧になってくださいね♪



地方別のまとめ記事は次のリンクからご確認いただけますので、こちらも合わせてご活用くださいね。







また、愛知県の面白いクイズを20問厳選している記事もあります!

よかったら、こちらもご覧になってくださいね~。



すべての工作をまとめている記事は、こちらになりますので、よかったらご覧になってくださいね。

また、素材別でも、まとめ記事をご用意していますので、ぜひご活用ください!
  • スライム
  • 牛乳パック
  • ペットボトル
  • ストロー
  • 紙コップ
  • 割り箸
  • 紙皿
  • レジン
そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪


スポンサーリンク