乳児に積み木を買ってあげるご家庭は多いですよね。

我が家も幼稚園に入る前にいくつか買ったのを覚えています。

1500円くらいから売っているので、それほど高額でもありませんが、買ってこなくても牛乳パックで手作りできるんですよ!

牛乳パック工作積み木の作り方イントロ画像

そもそも木のように固くないし、フェルト生地を貼っているので手触りもいいんです。

そこで今回は、牛乳パックを使った積み木の作り方を解説しますね♪

「四角」「三角」の二つの紹介します。

最初に必要な道具をお伝えし、そのあとで詳細な作り方を説明します。

それではいっしょに見ていきましょう~。


スポンサーリンク

牛乳パックを使った積み木の作り方(四角)

作っている様子を動画に撮りましたので、まずはこちらからご覧くださいね。

フェルト生地を貼るところをぜひご覧になってください。両面テープを使うと簡単ですよ~。



手触りがいいので、乳児が触っても安心感がありますよね~。

では、画像を使ってより詳しく解説していきますね~。

動画にはないポイントも載せていますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


スポンサーリンク


牛乳パックを使った積み木を作るのに必要な道具と材料(四角)

まずは、必要な道具からお伝えしますね。

牛乳パック工作積み木を作るのに必要な道具と材料

必要な道具
  • はさみ
  • カッターナイフ
  • 定規
  • ペン

次に必要な材料です。

必要な材料
  • 牛乳パック:1000ml(1個)
  • セロハンテープ
  • 両面テープ
  • フェルト
  • いらなくなった紙や新聞紙

フェルトはダイソーさんで買ってきました。100円で大きなフェルト生地が買えますよ~。

では、次章から作り方を解説していきます。


スポンサーリンク


牛乳パックを使った積み木の作り方手順(四角)

牛乳パックの底を使って簡単に作れます。

1.切り取り線を書く

4つある側面に切り取り線を書きます。3面が底から7㎝、1面のみ底から14㎝のところに線を引きます。

牛乳パック工作積み木の作り方手順1牛乳パック工作積み木の作り方手順1

2.カットする

1で引いた切り取り線に沿って切っていきます。切り取りにくいところはカッターナイフを使うといいです。

牛乳パック工作積み木の作り方手順2牛乳パック工作積み木の作り方手順2牛乳パック工作積み木の作り方手順2

切り取った後がこちらになります。

牛乳パック工作積み木の作り方手順2

3.紙や新聞紙を詰める

箱がつぶれないように、中に不要になった紙や新聞紙を詰めてください。詰め終わったら、蓋をしてセロハンテープでとめます。

牛乳パック工作積み木の作り方手順3牛乳パック工作積み木の作り方手順3


4.両面テープを貼る

フェルトを貼るために、先に箱本体に両面テープを貼っておきます。この段階で6面全てに貼っておいたほうが後がラクですね~。

牛乳パック工作積み木の作り方手順4

POINT

両面テープは角や端まで、きっちり貼っておきましょう~。

隅々までキレイに貼れていないと、ダブついて見た目が少し悪くなってしまいます。


4.フェルトを貼る

両面テープを貼ったら、フェルトを貼ります。まずは4面をくるくる転がしながら貼るといいですね~。

牛乳パック工作積み木の作り方手順5牛乳パック工作積み木の作り方手順5

あまったフェルト生地をハサミで切り取ります。

牛乳パック工作積み木の作り方手順5

最後に、残った2面を同じようにフェルトを貼り付けますね。

牛乳パック工作積み木の作り方手順5

同じように余った部分をハサミで切り取ります。

牛乳パック工作積み木の作り方手順5

これで完成です。どちらかというとフェルト生地を貼るほうが時間がかかるかもしれませんね(^^;

牛乳パック工作積み木の作り方手順5

牛乳パック工作積み木の作り方手順5

さて、次は三角の作り方を解説しますね。


スポンサーリンク


牛乳パックを使った積み木の作り方(三角)

必要な道具と材料は、「四角」の時と同じですの前章をご確認くださいね。では、作り方から説明します。

1.牛乳パックを開く

最初に牛乳パックを開きます。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)1

ハサミを使ってもいいのですが、手でも簡単に開くことができます。

詳しく解説している記事がありますのでよかったら参考になさってくださいね。


2.本体部分をカットする

幅7㎝でカットしてください。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)2牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)2

カットしたら、三角形になるようにセロハンテープで止めますね。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)2

3.底と蓋を作る

あまった牛乳パックの部分で底と蓋になる部分を作ります。底用と蓋用を同じ大きさで2枚作ります。実際に牛乳パックを縦において実物大で切り取るとよいですね。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)3牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)3

そのうち1枚を貼っておきますね。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)3

4.紙を詰める

不要になった紙や新聞紙を詰めておきます。こうしておくことで、外部から圧力が加わってもつぶれにくくなります。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)4牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)4

つめ終わったら、もう一枚の三角形でフタをしておきます。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)4

5.フェルトを貼る

最後にフェルトを貼って完成です。貼り方は、上段の四角の時と同じなので、そちらをご参照くださいね。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)4

二つ並べてみました。

牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)4牛乳パックを使った積み木の作り方手順(三角)4

お兄さんニコニコ

牛乳パックで積み木を作ってみたけどどうかな?


女の子やった

縦に並べるとお家みたいだね♪


たった二つでもお家が表現できるんですね~。木と異なって、フェルトも独特な世界観が出ますね!

今回は、積み木をご紹介してきましたが、このほかにも牛乳パックを使ったいろいろな工作をご紹介しています。


ぜひ、参考にして下さいね♪


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

牛乳パックを使った積み木の作り方を解説してきました。

今回の記事内容を簡単に振り返っておきましょう。

【牛乳パックを使った積み木の作り方(四角)】

  1. 切り取り線を引く
  2. 側面をカットする
  3. 紙や新聞紙を詰める
  4. 両面テープを貼る
  5. フェルトを貼る

【牛乳パックを使った積み木の作り方(三角)】

  1. 牛乳パックを開く
  2. 本体部分をカットする
  3. 底と蓋をカットする
  4. 紙を詰める
  5. フェルトを貼る

作り終えた後、乳児の時から手作りのおもちゃに触れておくと無駄遣いしない子に育つんじゃないかと、ふと思ってしまいました(^^;

買ってきたものと、手作りしたモノの違いは小さな子でもわかると思いますからね~。

この記事が、これから牛乳パックで積み木を作ろうと思っている方の参考になればうれしいです!

Youtubeにたくさん動画を出しています!

僕は工作やハンドメイドが大好きで、休日や平日の夜にもよく作っています。

記事の冒頭に載せているような動画を、Youtubeにたくさんアップしています♪

気に入って頂けたら、下のボタンを押してお気に入りに入れてもらえるとうれしいです~。


スポンサーリンク