週末、子供と何して遊ぼうかなぁ~って悩んだことありますよね~?

私も毎週のように、予定を立てるのに苦労していたりします(^^;

そんな時におすすめなのが、牛乳パックブーメラン!

あるとき、ご年配の方が厚紙で手作りして飛ばしていたのを見て、牛乳パックでも作れるんじゃないかと思いつきいたんですね。

簡単なので子供と一緒に作れるのもいいですし、外でも室内でも遊べるんですよね~。

牛乳パックブーメランイントロ

そこで今回は、牛乳パックブーメランの作り方をシェアさせていただきますね。

簡単とはいっても、きちんと戻ってきますし、大人の方がはまってしまうのもよくわかります!

記事の後半は、より遠くに飛ばす方法も載せていますので、最後までお付き合いくださいね~。

最初に必要な道具と材料をお伝えし、そのあと作り方を解説します。

型紙もダウンロードできるようにしていますのでお役立てくださいね♪

それでは、いっしょにみていきましょう~。


スポンサーリンク

牛乳パックブーメランの簡単な作り方

作っている様子を動画に撮りましたので、こちらからご覧いただけるとよいと思います。

羽を曲げる方向、投げ方などは画像よりも動画のほうがはるかに伝わります。



簡単だけど、しっかりブーメランらしく戻ってくるんですよね~。

ちょっと、衝撃を受けたくらいです(^^)

それでは、次章からは画像を用いて作り方を解説していきます。

羽を曲げるポイントも載せていますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね♪


スポンサーリンク


牛乳パックブーメランに必要な道具と材料

最初に必要な道具と材料をお伝えしておきますね。

牛乳パックブーメラン道具と材料

必要な道具と材料
  • 牛乳パック
  • カッター(またはハサミ)
  • カッターマット
  • ものさし
  • ホッチキス

必要な道具も少なくて助かります。100均でそろえて頂いて、何の問題もございません。


スポンサーリンク


牛乳パックブーメランの作り方手順

それでは、ここから作り方をステップごとに解説していきますね。

1.牛乳パックを開く

まずは、牛乳パックを開いてください。リサイクルに出すときと同じように開いていただいて構いません。

牛乳パックブーメラン手順1
牛乳パックブーメラン手順1

私はハサミやカッターは使わないで手で開いています。

以前、簡単に手で開く方法を記事にまとめたことがあります。開くのにわざわざ道具を使うのが面倒だなって思っている方は参考になると思います!

牛乳パックの開き方!簡単な方法をどこよりもわかりやすく解説

2.羽の大きさに切断する

次に、開いた牛乳パックを羽の大きさに切断してください。長方形型を3枚作ります。サイズは、3㎝×10㎝です。

牛乳パックブーメラン手順2
牛乳パックブーメラン手順2
牛乳パックブーメラン手順2

形状も単純ではありますが、定規で測るのもけっこう面倒だったりしますよね。こちらからダウンロードできますので、よかったら使ってみてくださいね。


POINT

こう言ってしまっては何ですが、サイズははっきり言って、適当でも飛びます。

何個か作ってみましたが、数センチくらい違っても全然大丈夫です。

だいたい『3対1』くらいの長方形がいいと思いますが、あまり神経質にならなくてもいいと思います。


3枚作れたら、1㎝くらい切り込みを入れます。

牛乳パックブーメラン手順2

3.羽を重ね合わせる

切り込みを入れた部分を挟んで重ね合わせます。そして、3枚が120度くらい均等になるよう広げてください。

牛乳パックブーメラン手順3
牛乳パックブーメラン手順3
牛乳パックブーメラン手順3

4.ホッチキスで止める

重ね合わせた部分をホッチキスで3ヶ所止めてください。

牛乳パックブーメラン手順4

5.羽を曲げる

最後に、羽を曲げてください。これをしないと投げたブーメランが戻ってきません。羽を親指と人差し指で挟んで、手前に少しひねるようにします。

牛乳パックブーメラン手順4

次に羽を少し持ち上げて中央にほんの少し湾曲させます。

牛乳パックブーメラン手順4

乳パックブーメラン

POINT

【羽の曲げ方】
繰り返しになりますが、ここがとても大切なので再掲させていただきますね。ブーメランは縦に持って投げます。下画像の内側がご自身側になるように持って投げます。

  • 羽を親指と人差し指で挟んで、手前に少しひねる

下画像の矢印部分が少し上がっていると思います。これくら曲げておくとよいでしょう。

牛乳パックブーメランポイント

  • 羽を少し持ち上げてほんの少し中央に湾曲させる

羽の外側が少し持ち上がっていると思います。数ミリ程度浮いていれば大丈夫です。

牛乳パックブーメランポイント


さて、投げてみましょう~。羽を親指と人差し指で挟んで縦に投げるイメージです。なるべく回転をつけるように、スナップをきかせるとよいでしょう~。

牛乳パックブーメラン構え
牛乳パックブーメラン投げる
牛乳パックブーメラン戻ってくる

男の子やった

やったね、きちんと戻ってくるよ~


お姉さんニコニコ

100均のブーメランより、いいできだよ


写真だと戻ってくる様子がわかりにくいので、記事冒頭の動画を見て頂けるとよくわかると思います。

機体が軽いのと、羽を曲げているため、直径1mくらいの円を描いて戻ってくるんです。

室内で遊ぶにはバッチリではないでしょうか!


スポンサーリンク


遠くに飛ばしてみよう

実はこの牛乳パックブーメラン、すごいんですよ!

室内で遊ぶだけではなくて、外でもっと遠くに飛ばして遊ぶこともできちゃうすぐれモノなんです♪

どうすればいいかというと、機体を少し重くするんです。

牛乳パックブーメラン遠くに飛ばす
牛乳パックブーメラン遠くに飛ばす

このように、羽の先端にビニールテープやガムテープを巻まくだけ。

羽も巻き方によるかもしれませんが、私の場合、1重に巻いただけでだいたい倍くらい飛びましたね♪

そうなると、もはや室内だと壁や天井にあたって厳しかったです。


スポンサーリンク


見た目を工夫してみる

牛乳パックでおもちゃを手作りすると必ずといっていいほど、見た目が気になっちゃうんですよね~。

今回も「もう少しかっこよくしたいなぁ~」と思って、折り紙を貼ってみました。

牛乳パックブーメランに折り紙を貼る

家に和風の折り紙しかなかったのでしょうがなかったのですが、かっこいいというよりも優雅になった感じです(^^;

思った以上に時間がかかったので、面倒なら貼らなくてもいいかもしれませんね~。

しかも重さが増してしまうので、遠くまで飛んでしまいます。

作ってしまってなんですが、シールを貼るくらいがちょうどよかったかもしれません(^^;


ここまで牛乳パックを使ったブーメランの作り方を解説してきました。この他にも簡単に作れる牛乳パック工作を紹介している記事があります

幼児や小学生からご年配の方にも他にも簡単に作れる牛乳パック工作が盛りだくさん。ぜひご覧になってくださいね!


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

牛乳パックブーメランの作り方を解説してきました。

今回の記事内容を振り返っておきましょう~。

【牛乳パックブーメランの作り方】

  1. 牛乳パックを開く
  2. 羽の大きさに切断する
  3. 羽を重ね合わせる
  4. ホッチキスで止める
  5. 羽を曲げる

ブーメランってこんなに簡単に自作できるものだとは思っていませんでした。

たぶん、もっとしっかりした厚紙などを使って、そこそこ重量を増せば本格的なモノになるんじゃないかとも感じましたね~。

でも、室内で遊ぶにはこの記事で紹介している牛乳パックがベスト!

これからブーメランを手作りしようと思っている方の参考になればうれしいです♪

ブーメランと同じように、投げて遊ぶおもちゃといえばフリスビー!

こちらも牛乳パックで作れるんですよ♪ 本物のフリスビーよりも目立って注目度がすごいです!

実際に僕も作りましたので、ぜひ参考にして下さい!


Youtubeにたくさん動画を出しています!

僕は工作やハンドメイドが大好きで、休日や平日の夜にもよく作っています。

記事の冒頭に載せているような動画を、Youtubeにたくさんアップしています♪

気に入って頂けたら、下のボタンを押してお気に入りに入れてもらえるとうれしいです~。


スポンサーリンク