ワインレッド。

私の妻はお肉料理を食べる時は、赤ワインを欠かさず飲みます。

お姉さんニコニコ

ついつい飲みすぎちゃった~。後片付けよろしくね♪


と、いつもこうなるんですが、アルコールが苦手で飲めない私もワインレッドの色は大好き♪

先日妻がソファで居眠りをしている間、後片付けをしている時ふと、

お兄さんそうか!

赤ワインってスライムで表現できちゃう気がする!


と、思いついてしまいました。

いてもたってもいられず、さっそくワインスライムを作ってしまいましたよ!



作り方はいたって簡単ですが、ワインレッドの色をどこまで忠実に再現できるかがポイントですね~。

自分で言うのもなんですが、我ながらうまくできたんじゃないかと思っています。

記事の最後には、妻の一言感想も入れてみました。

それでは、一緒にみていきましょう~。


スポンサーリンク

ワインスライムに必要な材料と作り方

今回も作り方の動画を撮影しましたので、まずはこちらからご覧ください!

作り方の手順や分量など、見ているだけで把握できるように作成しています。



ワイングラスに注いでいる時が、一番ワクワクしてしまいました!

それと、けっこうワインレッド色がいい感じで出せていると思います♪

では、次の章からは動画にはないポイントや注意点を書きつつ、画像を使ってさらに詳細に説明していきますね~。


スポンサーリンク


ワインスライムに必要な道具と材料

まずは、必要な道具の説明です。



必要な道具
  • ボール
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • ヘラ
  • ワイングラス

次に、必要な材料をお伝えしますね。

お湯 100ml
洗濯のり 注1 100ml
ホウ砂水 注2 小さじ1杯
プリンターインク(マゼンタ) 数滴
プリンターインク(ブラック 1適

今回は着色にプリンターインクを使ってみました。

POINT

ワインのように透明感を出すためには、プリンターインクか食紅で着色することをおすすめします。

絵具だと透明感は出ません。

グレープジュースのようになってしまいます(^^;


今回、食紅ではなくてプリンターインクを使ったのには訳があります。それは、ブラックが必要だったから。

ワインレッド色を再現するために、マゼンタ(赤)とブラックを使う必要があります。

食紅にも黒はありますが、スーパーで見かけたことがありません。

プリンターインクだと100均で売っていますから簡単に手に入るんですね~。


次に、洗濯のりとホウ砂水の注意書きにも触れておきますね。

※注1:ポリピニルアルコール、あるいはPVAを原材料とした洗濯ノリを使うこと。でんぷんが主原料だと固まりません。あるいは、ダイソーさんに売っている液状ノリでもかまいませんよ。

※注2:この記事では、スライムを固めるのにホウ砂水を使っています。ホウ砂水の作り方はこちらの記事を確認してくださいね。

スライムに混ぜるホウ砂水の作り方!経験値から材料や分量を大公開!


洗濯のりや食紅はダイソーさんやセリアさんのような100均、あるいはスーパーでも入手できます。

でも、近くにお店が無かったり、買いに行く時間がない方はネットでも手に入りますよ!




それでは、いよいよ作り方の解説に入りますね。

ワインスライムの作り方!

簡単に説明しておくと、普通のスライムよりもゆるめに作って、ワインレッド風に着色し、それをワイングラスに入れるという流れになります。

詳しくいていきましょう~。


スポンサーリンク


1.洗濯のりとお湯を混ぜる

軽く10回程度、かき混ぜておきましょう~




2.プリンターインクで着色する

動画内でも字幕で解説していますが、赤(数滴)と黒(1滴)くらいがちょうどいいんじゃないかと思います。

まずは、マゼンタ(赤)から加えます。




次に、黒を足しますね。





3.ホウ砂水を入れる

ゆるめに作るので小さじ1杯で大丈夫です。5分程度かき混ぜてくださいね。



しばらくすると、このように水っぽいスライムになってきます。

普通ならもっと固くしますが、今回はワインをイメージしていますので、これくらいの軟らかさでいいと思います。



4.ワイングラスに注ぐ

グラスのフチにつかないように、気をつけながらワインスライムを注いでくださいね。



全て入れ終わったら完成です!




もちろん、このままでもいいのですが作りたては気泡が目立ちます。

スライム全般に言えることですが、一晩おいたほうが気泡が抜けてクリアになります。

そこで、一晩放置してみるとここまで透明感を出すことが出来ました!




「うん、うん、この色合いと透明度、まさに赤ワインって感じだよね」と、思わず独り言を言ってしまいました(笑)

ついでに、妻にも半分冗談で晩御飯の隣にさりげなく置いてみました。

お姉さん疑問

ありがとう! でも、スライムなんでしょ?


お兄さんニコニコ

あれっ、ばれた?


ワイン好きの妻にドッキリを仕掛けようとした私が甘かったようでした(^^;


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ワインスライムの作り方を解説してきました。

簡単に今回の記事内容をおさらいしておきましょう~。

【ワインスライムの作り方】

  1. 洗濯のりをお湯を混ぜる
  2. プリンターインクで着色する
  3. ホウ砂水を入れてトロトロにする
  4. ワイングラスに注ぐ

今回初めてプリンターインクで着色してみましたが、想像以上にワインレッドらしく作れて大満足でした。

ワインスライムが作れれば、その他のドリンク類も作れちゃいそうですね♪

よかったら、ぜひ作ってみてくださいね~



ロボットプログラミング教室

最近、ショッピングモールなどで、ロボットプログラミングのイベントをしている光景をよく見ますよね~。

子供向けのプログラム言語を使ってロボットを動かす体験を実際にやらせてくれます。

ただ、どこも大人気で、参加したくても、満員で体験できなかったお子さんもいらっしゃると思います。

そのような方は、ぜひ、次の画像をタップして、ロボットプログラミングをご体験くださいね♪

IT×ものづくり教室LITALICOワンダーの体験申込み

【★☆★満足度90%以上!無料体験授業★☆★】

  • 体験授業(60分)を無料で2コマまで受けていただけます。
  • 体験授業の参加者へのアンケート調査を行ったところ満足度90%以上とご評価いただきました。


わたしも先日、小学校2年生の息子と体験してきたのですが、かなり楽しかったですよ♪

決められたコースがあって、「右に曲がる」や「前にすすむ」などを組み合わせて、車を走らせるだけなので、けっこう簡単なのです♪

これが、息子にはちょうどいい難易度でかなりはまっていました。

お教室を運営している先生にお話を聞いてみると、
  • お子さまの興味や得意、ペースに合わせて、1人ひとりカリキュラムを考案
  • ゲームプログラミング以外に、ロボットやデジタルファブリケーションなど、ものづくり系コースもご用意
  • テクノロジーを活用したものづくりを通じて、基礎技術力の習得はもちろん、自分で考え形にする経験を大切にしています

このような考えをモットーに、お教室を運営されています。

一人一人の成長に合わせてカリキュラムを考えてくれるのがうれしいですね♪

気になった方は、ぜひ上の画像から体験をお申し込みくださいね♪



当サイトでは、ペットボトルや牛乳パックなどの素材を使った、いろいろな工作をご紹介しています。

すべての工作をまとめている記事は、こちらになりますので、よかったらご覧になってくださいね。

また、素材別でも、まとめ記事をご用意していますので、ぜひご活用ください!
  • スライム
  • 牛乳パック
  • ペットボトル
  • ストロー
  • 紙コップ
  • 割り箸
  • 紙皿
  • レジン
そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪


スポンサーリンク