スライムを作るときにホウ砂を使う人は多いのではないでしょうか。

インターネットで調べてみても、ホウ砂を材料にした作り方を紹介しているサイトは多いと思います。

でも、ホウ砂を使う時は、粉の状態のまま混ぜて使ったりはしません!

いったん、粉の状態に水を混ぜて、水溶液にしておく必要があるんですね。



でも、サイトによって、水とホウ砂の割合が異なっていて、一体何が正しいのかわからなくなってしまうんですよね~。

私も、かなりさまよってしまいました(笑)

でも、何度か作っているうちに、ついに「これぞ!」という割合を見つけました。

この記事では、私が迷った挙句にたどり着いたホウ砂水の作り方と割合をお伝えします!

それでは、いっしょに見ていきましょう。


スポンサーリンク

スライムに混ぜるホウ砂水の作り方!

今回も作り方を動画に撮りましたので、まずはこちらからご確認ください。

基本的に、お湯にホウ砂を混ぜるだけですのでとっても簡単ですね。



動画を見て頂けるとお分かりだと思いますが、ホウ砂は溶け切りません。

でも、気にしなくてOKです。なぜなら、その上澄みだけをすくってホウ砂水として使うからです!

それでは、材料の説明に移りますね。

50ml 注1
ホウ砂 5g

注1:念のため単位を説明しておきますね。水の場合、『1ml = 1cc = 1g』です。


そして、水とホウ砂の割合は、

10:1

と覚えておきましょう!


スポンサーリンク


作り方は、水にホウ砂を入れてかき混ぜるだけです。

完全には溶け切りませんので、無理に一生懸命混ぜる必要はありません。




写真のようにコップの底に少し沈殿しますが気にしなくて大丈夫です。

溶けている上澄みだけ使えばいいのです♪


スポンサーリンク


なぜこの割合が良いのか?

それは、覚えやすいからです(笑)

お兄さんそうか!

でも、嘘じゃないよ。本当のことだよ(^^♪


スライムは作っている途中でいくらでも、固さ調節ができるんですね。

「少しかたいな?」と思ったら水を混ぜればいいし(スライムの種類によって異なります)、「少し柔らかいかな?」と思ったらホウ砂水をもっと入れればいいんですね。

ですから、ホウ砂水溶液の濃度はあまり神経質に割合を考える必要は無いんです。

シンプルに覚えやすく、水とホウ砂の割合は、

10:1

と覚えてしまいましょう!

私もホウ砂水を使う時は、必ずこの割合で作り、出来上がりを好みの方さに調整しています。


ホウ砂水の作り方が分かったところで、実際にスライムを作ってみましょう~♪

スライムの種類はとってもたくさんあります! 一番簡単な作り方から、ふわふわ伸びるスライムまでこれまで作った30種類以上のスライムを紹介しています!


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか?

スライムの材料として使うホウ砂水の作り方を説明しました。

今回の記事をおさらいしておきましょう!

【ホウ砂水の作り方】

  • 単純に水にホウ砂を混ぜるだけ

【水とホウ砂の割合】

  • 10:1

サイトによって、作り方がまちまちで迷っていましたが、結局この割合で問題ないことがわかりました♪

ホウ砂水の作り方で迷っている方は参考にしてくださいね。

スライムを何度か作ってみればわかりますが、案外途中で固さ調節ができるものです。

何度繰り返しているうちに、自分なりのホウ砂水の作り方がわかってくるかもしれませんね♪



ロボットプログラミング教室

最近、ショッピングモールなどで、ロボットプログラミングのイベントをしている光景をよく見ますよね~。

子供向けのプログラム言語を使ってロボットを動かす体験を実際にやらせてくれます。

ただ、どこも大人気で、参加したくても、満員で体験できなかったお子さんもいらっしゃると思います。

そのような方は、ぜひ、次の画像をタップして、ロボットプログラミングをご体験くださいね♪

IT×ものづくり教室LITALICOワンダーの体験申込み

【★☆★満足度90%以上!無料体験授業★☆★】

  • 体験授業(60分)を無料で2コマまで受けていただけます。
  • 体験授業の参加者へのアンケート調査を行ったところ満足度90%以上とご評価いただきました。


わたしも先日、小学校2年生の息子と体験してきたのですが、かなり楽しかったですよ♪

決められたコースがあって、「右に曲がる」や「前にすすむ」などを組み合わせて、車を走らせるだけなので、けっこう簡単なのです♪

これが、息子にはちょうどいい難易度でかなりはまっていました。

お教室を運営している先生にお話を聞いてみると、
  • お子さまの興味や得意、ペースに合わせて、1人ひとりカリキュラムを考案
  • ゲームプログラミング以外に、ロボットやデジタルファブリケーションなど、ものづくり系コースもご用意
  • テクノロジーを活用したものづくりを通じて、基礎技術力の習得はもちろん、自分で考え形にする経験を大切にしています

このような考えをモットーに、お教室を運営されています。

一人一人の成長に合わせてカリキュラムを考えてくれるのがうれしいですね♪

気になった方は、ぜひ上の画像から体験をお申し込みくださいね♪



当サイトでは、ペットボトルや牛乳パックなどの素材を使った、いろいろな工作をご紹介しています。

すべての工作をまとめている記事は、こちらになりますので、よかったらご覧になってくださいね。

また、素材別でも、まとめ記事をご用意していますので、ぜひご活用ください!
  • スライム
  • 牛乳パック
  • ペットボトル
  • ストロー
  • 紙コップ
  • 割り箸
  • 紙皿
  • レジン
そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪


スポンサーリンク