弟へぇ

パパ、車の工作がしたいんだけど、簡単にできるかな?

夫笑

そうだね、ペットボトルを使えば出来るよ。それに輪ゴムを使うから簡単なんだよ

弟笑

やったー! 一緒に作ろうよ♪




工作の中でも車は定番ですよね~。

でも、いざ作ろうとすると意外に作り方がわからなくて戸惑ってしまうかもしれません。

そこで、ペットボトルを使った簡単な車の作り方をご紹介します!

輪ゴムを使ったプルバック式(後ろに引くと前に進む)なので、楽しいですよ~♪


スポンサーリンク

車の作り方

作っている動画を撮りましたので、よかったらこちらからご覧になってくださいね。

輪ゴムを付けるステップは、どうしても画像では伝わりにくいので、動画の方が一目瞭然です!

必要な道具と材料

必要な道具と材料はこちらになります。

必要な道具

  • ペットボトル:1個
  • キャップ:5個
  • 竹串:2本
  • 輪ゴム:2個
  • ビニールテープ
  • キリ
  • ハサミ
  • カッター
  • マスキングテープ
  • 装飾用シール
  • 木工用ボンド


作り方手順

作り方は簡単ですが、キリで穴を開けるステップがありますので、ケガをしないように注意してくださいね。

STEP.1

ペットボトルを半分にカットします。最初にカッターナイフで切り込みを入れておいて、そのあとでハサミを使って切るのがおすすめです。



STEP.2

ペットボトルキャップ5個の中心に穴を開けます。そのうち1個は輪ゴムが通るくらいの大きめの穴を開けます。



STEP.3

半分にカットしたペットボトルの前側と後ろ側それぞれに、竹串を通す穴を開けます。この穴がタイヤの中心になります。キャップの直径が3㎝なので、1㎝くらいの高さにするといいですね


 ペットボトルに竹串を通す穴をあける際は、竹串ギリギリの大きさだと、タイヤが回らないので少し大きめに開けるようにしましょう。

STEP.4

キャップを通した竹串をペットボトルに通してから、反対側にもキャップを通します。ペットボトルの前側と後側それぞれ作ります。



STEP.5

キャップからはみ出た竹串はハサミで切り落とし、竹串とキャップをボンドで固定します。後ろタイヤに滑り止め様の輪ゴムを巻きつけます。※すみません。ボンドでとめるところと、輪ゴムを巻き付ける画像を取り忘れてしまいましたm(__)m



STEP.6

後輪の竹串に輪ゴムを取り付け、輪ゴムをさらにもう一つ連結させます。それを、ペットボトルの口側から出して、固定します。



STEP.7

ペットボトルの前側と後側をビニールテープで固定し、好きな様に飾り付けたら完成です。



プルバック式ですが、後ろに引きすぎると輪ゴムが切れてしまうので、気をつけましょうね。


スポンサーリンク


思ったより勢い良く進みました! 友達同士で作って競ってみると楽しいと思います。

この他にも牛乳パックで作った車もご紹介しています!


こちらもプルバック式ですので、ぜひご覧になってみて下さいね♪



すべての工作をまとめている記事は、こちらになりますので、よかったらご覧になってくださいね。

また、素材別でも、まとめ記事をご用意していますので、ぜひご活用ください!
  • スライム
  • 牛乳パック
  • ペットボトル
  • ストロー
  • 紙コップ
  • 割り箸
  • 紙皿
  • レジン
そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪


スポンサーリンク