スライムで遊んでいると、いつの間にか気泡が入って濁ってしまった経験をした方も多いと思います。

遊んだ後、『一晩おけば気泡が抜ける』ということはよく聞きますが、これだけだと実は気泡が抜けない場合もよくあります。

私自身、自分でよくスライムを作るのですが、一晩置くだけではなかなか気泡は取れません。

普通のスライムほど、気泡が目立ちますから、なるべく少なくしておきたいところですね~。

実は、ひと手間かけるだけで気泡が抜けたスライムにすることが出来ます。

  • 作った直後の透き通った状態に戻したい方
  • 手作りの過程で気泡がたくさん入ってしまった方

このような方には参考になる記事だと思います。



最初に、気泡を抜く方法を解説し、そのあと私が実際に試したことを写真付きで詳しく紹介します。

それでは、いっしょに見ていきましょう。


スポンサーリンク

スライムに入った気泡を抜く方法

スライムを放置したときに、気泡が表面まで移動すればいいのです。そのための手順は、

  1. スライムをレンジで温める
  2. そして、一晩放置する

たったこれだけ♪ 楽ちんですよね(^_-)-☆

私も、気泡を抜きたいときはいつもこの方法を使っています。

ただ、注意点がありますので最初にお伝えしておきます。

注意

  • 作成時に気泡があまり入っていなければ、ほとんど取り除くことが出来る。
  • でも、作った時にたくさん気泡が入っていると、ある程度残ってしまう。

つまり、スライムを作った時の完成度によって、気泡が抜ける度合いが変わってくるということです。

それでは、もっと詳しく写真付きで解説します。


スポンサーリンク


作った直後の濁りがない状態に戻す方法

最初いくら気泡がない状態でも遊んだ後は、このように気泡がたくさん入っています。



1.スライムをレンジで温める

800Wで約30秒温めてください。湯気が出始めるくらいがちょうどいいですね。




2.一晩放置する

そして一晩放置しましょう。



放置した後の写真です。

いかがですか? 気泡がなくなって、濁りがないスライムになりました!

このように、たったひと手間かけるだけで、気泡を抜くことが出来るんですね。

新品同様(?)に戻るのですから、やったほうがいいのは言うまでもありませんね!

ただ、スライムをレンジに入れるのに抵抗が無ければという前提になってしまいますが(^^;

気泡が入らないスライムの詳しい作り方を解説している記事がありますので、よかったら参考にしてください♪

クリアスライムの作り方!とことん簡単にできる方法を徹底解説!

次は作っている最中にたくさん気泡が入ってしまった場合です。


スポンサーリンク


手作りの過程でたくさん入ってしまった気泡を抜く方法

作る段階で気泡がたくさん入ってしまった場合、残念ながら完全に取り除くことはできないと思います。

私も何回か試してみましたが、いくらやっても少し残ってしまうんですよね~(^^;

あえて、たくさん気泡を入れるように作ってみました。



そして、電子レンジで温めて一晩放置してみました。


容器周辺部は気泡が抜けているのですが、中心部が目立っているのです。

ちなみに、電子レンジに入れないでそのまま放置もしてみましたが、こちらはほとんど気泡が残った状態になってしまいました(^^;

私が検証した結果では、作る段階で気泡がたくさん入ると、完全にとることはできませんでした。


スポンサーリンク

まとめ

それでは、ここで今回の記事をおさらいしておきましょう。

【スライムから気泡を抜く方法】

  1. スライムをレンジで温める
  2. 一晩放置する

そして注意点は、

  • 作成時に気泡があまり入っていなければ、ほとんど取り除くことが出来る。
  • でも、作った時にたくさん気泡が入っていると、ある程度残ってしまう。

遊んでいるうちに気泡が入ってしまうスライム。ちょっぴりテンションが下がってしまうかもしれません。

でも、温めて一晩おくだけでキレイに復活できるんですね~。

スライムを柔らかくするだけで、気泡が無くなりますから、簡単ですしおすすめの方法ですよ♪

「スライムが濁って元通りに戻したい!」と思っている方のご参考になれば幸いです。

Youtubeにたくさん動画を出しています!

僕は工作やハンドメイドが大好きで、休日や平日の夜にもよく作っています。

記事の冒頭に載せているような動画を、Youtubeにたくさんアップしています♪

気に入って頂けたら、下のボタンを押してお気に入りに入れてもらえるとうれしいです~。


スポンサーリンク