「負けた人は罰ゲームがあります」と言われると、見ている人もついつい応援に身が入っちゃいますよね~。

しかも罰ゲームも面白いと、さらに場が盛り上がります。



わたしは、大学生の時ですが、「ネクタイを頭に巻いてドジョウ掬い」をさせられたことがあります!

超恥ずかしかったですが(^^;

この記事では、そんな勝負には欠かせない罰ゲームをたくさん紹介いたします

社会人向けの定番や、小学生や中学生向けまで幅広くお伝えしますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね♪


スポンサーリンク

ネタ

30種類以上を、次のように分けてご紹介いたします。

  • 定番
  • 簡単
  • 居酒屋向け
  • 小学生向け

「居酒屋向け」は、ちょっと初対面だと失礼なネタもありますので、仲間内で使ってくださいね。

定番

まずは、だれでも一度は見たこと聞いたことがあるような定番の罰ゲームです! 迷ったらここから選べば間違いなしですよ。

定番

  • ポッキーゲーム
  • 尻文字を当ててもらうまでやる
  • 強力ガムテープで脱毛
  • 上司や芸能人のモノマネ
  • 一発芸をやる
  • 絵や似顔絵を書く
  • オネエになって歩き回る
  • 箱の中身を当てる
  • 自分や他人のキャッチフレーズを披露


【ポッキーゲーム】
おなじみポッキーゲームです。ルールは、2人でポッキーを両端から食べていき、先に顔を離したほうが負けです。

どちらも顔を離さなかったら、引き分けということですね。お互いの唇が接触することになるので、そのほうが見ている方は楽しいかもしれません。

男女でやるのもいいですが、男同士でやるのも気持ち悪さも手伝って、かなり面白いですね~。

【尻文字を当ててもらうまでやる】
次は、尻文字です。これがなかなか当たらないんですよね。複数人で、一文字ずつ単語にするのも楽しいです。

ひらがなやアルファベット、上級者は漢字に挑戦してもいいかもしれません。

当ててもらうまでやってもらうので、意外に何度もしていると足腰を使うため、かなり疲れてしまうのでいい運動にもなりますね。

【強力ガムテープで脱毛】
これもたまにテレビなどで、罰ゲームとしてやっていますよね。すねにガムテープを貼り付けて、一気に剥がす罰ゲームです。超痛いですよね~。

わたしは罰ゲームではなくて、本当に脱毛したくてやったことがありますが、痛すぎて断念しました(^^;

テープによっても、痛さが違うので、以下の動画で研究してみましょう!

【上司や芸能人のモノマネ】
これも、定番中の定番、モノマネです。

芸能人のモノマネも面白いですが、会社の集まりだったら、上司のマネをすればウケること間違いなしですね

身振り手振りを使って、簡単に出来るのがいいですね~。

【一発芸をやる】
何でもいいから一発芸をやってもらうのもおすすめです。

なにかしら、皆さん、これは人には負けない、というのがあるはずです!

【絵や似顔絵を書く】
これは、動物やキャラクターなどを描いてもらうのですが、とてつもなく絵心がないと、すごく面白いですよね~。

わたしが雪の女王の絵を描くと、こわい悪魔の女王になってしまいました。

【オネエになって歩き回る】

歩き方やしゃべり方まですべてオネエになり切ってもらう罰ゲームです。

男っぽい言葉遣いをする人がやると、とっても面白いかもしれませんね。

お化粧までして、完璧になり切ってもらいましょう!

【箱の中身を当てる】
ダンボールに、何か入れておいて、手で触るだけで、何が入っているか当てるゲームですね。

やっぱり動くものがびっくりして面白いと思いますが、なかなか生き物を買うこともできないので、動画のようなおもちゃでもいいかもしれませんね~。

【自分や他人のキャッチフレーズを披露】
自分自身にキャッチフレーズをつけるような人っていませんよね。

そこをあえて考えて披露してもらうのが、恥ずかしくて罰ゲームにピッタリですよね~。

他人のを披露する時は、悪口にならないように気をつけたいところです。


スポンサーリンク


簡単

次は、比較的簡単な罰ゲームのご紹介です。単純に声を出したり、見せたりするだけなので、だれでも出来るのが特徴ですね。

簡単

  • 社訓を大声で叫ぶ
  • 変顔3連発
  • 恥ずかしい話を発表
  • 免許証や学生証の顔写真を見せる
  • コスプレをして最後まで過ごす
  • 被り物を1時間する
  • 10回転してからダッシュする


【社訓や社歌を大声で叫ぶ】
社訓も社歌も覚えていないですよね~。まず、それで上司から怒られて、おまけに大声で叫ぶというのは、かなりやりたくないですよね~。

一方で、もし覚えていれば、それだけで、罰ゲームどころか賞賛を得られそうですね(^^

動画は、ある会社の朝礼ですが、ほとんど罰ゲームのようにも見えます。

【変顔3連発】
大人になって変顔することってないですよね。やったとしても、自分の子供を相手にするくらいではないでしょうか。

それを、みんなの前で披露するってそうとう勇気がいりますよね~。絶対にやりたくないですね。

【恥ずかしい話を発表】
誰にでも、人に言いたくない墓場に持っていきたいエピソードがあるはずです。

わたしは、シェイクをはじめて飲んだ時、ジュースかと思って、ストローを使わずに飲もうとして、なかなか飲めなくてタジタジしていたら、隣のお姉さんが飲み方を教えてくれたのが死ぬほど恥ずかしかったです。

【免許証や学生証の顔写真を見せる】

免許証の写真は、なぜか恥ずかしいですよね~。はっきりいって、写真写りが悪いですよね。

学生証も同じで、不自然な映り方になりますよね。

そんな見られたくない顔写真を見せる罰ゲームも、見てる方は楽しいですね。

【コスプレをして最後まで過ごす】
丸渕メガネをかけたり、ちょんまげをかぶったりするのがお手軽でおすすめですね~。

100均に売っているような被り物で十分面白いですよ~。

【10回転してからダッシュする】
バット1本あればできる簡単罰ゲームです。バットを立てて、その上に頭を置いて、10回グルグル回って、まっすぐに走るゲームです。

テレビで見ていても絶対に面白いシーンですよね。はずれが無いと思います。

早く回ったり、回る回数を多めにすると、もっと楽しめるかもしれませんね。


スポンサーリンク


居酒屋

居酒屋で楽しめそうな罰ゲームもいくつか考えてみました。上司や、あまり親しくないとできない罰ゲームですが、仲間内なら許される範囲ですね。

居酒屋

  • バストサイズを発表
  • 1枚脱ぐ
  • 下着が何色か発表
  • 勝負下着の色を言う
  • 10分間ぶりっこする
  • キス顔で迫る
  • セクシーポーズをしてもらう


スポンサーリンク


小学生・中学生

最後は、小学生や、中学生向けの罰ゲームのご紹介です。

学校でできるよことと、先生を巻き込んで楽しめるようなものを考えてみましたよ!

小学生・中学生

  • 90度で先生にお辞儀する
  • 語尾を変える
  • 校歌や応援歌を熱唱する
  • 授業中先生にウィンクする
  • めちゃくちゃ大きい声を出す
  • 超高音で自己紹介
  • ブタ鼻で「ブーブー」モノマネする


【超丁寧に先生にお辞儀する】

今では先生にお辞儀をすること自体が珍しいですよね。それを、超丁寧にお辞儀をするのって、生徒にとっては、かなり恥ずかしいかもしれません。

ただ、逆に先生からすると、悪い気分はしませんね。もしかしたら、褒められるかもしれません。

【校歌や応援歌を熱唱する】

小学生や中学生なら、校歌を歌うことが多いと思いますが、熱唱することはないですよね~。

大声でハイテンション気味に歌うと、そうとう恥ずかしいはずです。

【超高音で自己紹介する】

子供は変な声を出すだけで、けっこう楽しいんですよね。

やっている方は少し恥ずかしいのですが、見ているほうがゲラゲラ笑ってくれます

超低音で自己紹介するのもいいかもしれませんね。

【ブタ鼻で「ブー、ブー」モノマネする】
ブーブー鳴きまねをするのは、結構簡単ですが、鼻の穴が見えるように、ブタ鼻をするのが恥ずかしいですよね。

うちの息子も、鳴きまねはできますが、ブタ鼻は「やりたくない」と言っていましたね~。


スポンサーリンク


まとめ

以上、面白い罰ゲームをお伝えしてきました。参考になるような罰ゲームはありましたでしょうか?

今回の記事内容を簡単に振り返っておきましょう。

【面白い罰ゲーム】
  • 定番
  • 面白い
  • 居酒屋
  • 小学生・中学生

このような項目でご紹介してきました。

わたしも、尻文字やポッキーゲームなんかは、やったことがあるなぁ~、なんてちょっと懐かしかったです。

この記事で紹介した以外にも、たくさんの種類の罰ゲームが存在します。


以下のリンクをクリックして頂くと、それらをまとめた記事にジャンプしますので、ぜひご覧になってくださいね♪



ロボットプログラミング教室

最近、ショッピングモールなどで、ロボットプログラミングのイベントをしている光景をよく見ますよね~。

子供向けのプログラム言語を使ってロボットを動かす体験を実際にやらせてくれます。

ただ、どこも大人気で、参加したくても、満員で体験できなかったお子さんもいらっしゃると思います。

そのような方は、ぜひ、次の画像をタップして、ロボットプログラミングをご体験くださいね♪

IT×ものづくり教室LITALICOワンダーの体験申込み

【★☆★満足度90%以上!無料体験授業★☆★】

  • 体験授業(60分)を無料で2コマまで受けていただけます。
  • 体験授業の参加者へのアンケート調査を行ったところ満足度90%以上とご評価いただきました。


わたしも先日、小学校2年生の息子と体験してきたのですが、かなり楽しかったですよ♪

決められたコースがあって、「右に曲がる」や「前にすすむ」などを組み合わせて、車を走らせるだけなので、けっこう簡単なのです♪

これが、息子にはちょうどいい難易度でかなりはまっていました。

お教室を運営している先生にお話を聞いてみると、
  • お子さまの興味や得意、ペースに合わせて、1人ひとりカリキュラムを考案
  • ゲームプログラミング以外に、ロボットやデジタルファブリケーションなど、ものづくり系コースもご用意
  • テクノロジーを活用したものづくりを通じて、基礎技術力の習得はもちろん、自分で考え形にする経験を大切にしています

このような考えをモットーに、お教室を運営されています。

一人一人の成長に合わせてカリキュラムを考えてくれるのがうれしいですね♪

気になった方は、ぜひ上の画像から体験をお申し込みくださいね♪



当サイトでは、ペットボトルや牛乳パックなどの素材を使った、いろいろな工作をご紹介しています。

すべての工作をまとめている記事は、こちらになりますので、よかったらご覧になってくださいね。

また、素材別でも、まとめ記事をご用意していますので、ぜひご活用ください!
  • スライム
  • 牛乳パック
  • ペットボトル
  • ストロー
  • 紙コップ
  • 割り箸
  • 紙皿
  • レジン
そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪


スポンサーリンク