ダンボール工作の中でも、得点を競って争えるのがピンボールです。

本格的な工作かと思われがちですが、実はそうでもありません。



難易度としては、少し手間はかかりますが、決して難しくはないので、小学生の中高年だと問題なく作れるでしょう。

もし時間がかかったとしても、その分思い出にも残りますので、ぜひ一度はチャレンジしてみて下さい!


スポンサーリンク

ピンボールの作り方

段ボールを切るところから完成まで、一通り動画に撮りましたので、よかったらこちらもご覧になってくださいね。

必要な道具と材料

必要な道具と材料はこちらになります。

必要な道具

  • 段ボール
  • 木工用ボンド
  • ノリ
  • 輪ゴム
  • ビー玉
  • シール
  • ペン
  • カッター
  • ものさし


作り方手順

それでは、作り方を画像を交えながら細かく解説していきますね。

STEP.1

ダンボールを盤面の形と、壁になる部分の細長い形にカットします。細長く切ったダンボールを盤面の端にボンドで貼り付け壁を作ります。発射台の部分も壁を作りボンドで固定します。



STEP.2

ビー玉を落とすための穴を決め、カッターで切り抜いて行きます。穴の周りに貼る色画用紙にダンボールの穴より少し小さめの穴を作り、周りを正方形にカットします。カットしたらダンボールの穴の周りに貼ります。


 穴をカットする時は使用するビー玉の大きさを確認し、大きすぎず小さすぎず調整しながらカットしましょう。

STEP.3

発射装置は細長くカットしたダンボール4枚を重ねてボンドで固定します。ダンボールに輪ゴムを通しておきます。盤面の発射台の部分に切り込みを入れ輪ゴムを通して、輪ゴムをテープで固定します。



STEP.4

盤面にはビー玉を跳ね返す為に、小さなダンボールを折ったものをボンドで貼り付けていきます。



STEP.5

ビー玉の受け皿となる部分は、ダンボール長方形にカットし壁面を作ります。中に傾斜をつけるために斜めにダンボールを貼り付けます。



STEP.6

受け皿と盤面をボンドで固定したら完成です。好きなシールを貼ってアレンジしましょう。



穴が小さかったためか、最初はなかなか入らなかったのですが、入った時は気持ちよくて楽しいです!


スポンサーリンク


今回は同じ大きさで作りましたが、得点が少ない穴は大きく、得点が大きな穴は小さく作ると、試合に熱が入って白熱しそうです!



当サイトには、面白いことかっこいいことから、子供向けの工作クイズまで幅広く記事があります♪



そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪