雪が降った時にそり遊びをしてるをよく見かけますが、手作りしている子供も結構いますよね。

でも、どんなふうに作ればいいかよくわからない、というお子さんも多いのではないでしょうか?



そこで、簡単に作れてよく滑る作り方をご紹介しますので、ぜひ参考になさってくださいね♪

芝生で遊ぶときにも使えますので、一石二鳥の遊び道具ですよ!


スポンサーリンク

ソリの作り方

作り方の手順を詳しく動画に撮りましたので、まずはこちらからご覧になってくださいね。

必要な道具と材料

必要な道具と材料はこちらになります。

必要な道具

  • ダンボール:2枚(約50cm×30㎝)
  • プチプチ
  • ヒモ(約50㎝)
  • 布団圧縮袋のビニール部分
  • ガムテープ
  • 好きなデザインの紙


作り方手順

では、詳しい作り方の手順説明になります。

STEP.1

ダンボール2枚に好きなデザインの紙またはシールを貼ります。



STEP.2

ダンボール2枚の間にクッション材を入れてダンボールではさみます。


 クッション材は無くても問題ありませんが、あった方がお尻の痛みが軽減されます。

STEP.3

ダンボール2枚に透明のビニールシートを貼ります。


 雪山で遊ぶ為、ビニールシートや布テープは剥がれない用にしっかり貼り付けましょう。

STEP.4

ダンボール2枚を固定する為、端を布テープで固定します。



STEP.5

持ち手用の紐を通す為、ダンボールに2箇所穴を開けます。



STEP.6

紐を通して裏側で結べば完成です。



雪との接触面の素材によって、滑り具合が変わってきます。

今回使用した布団圧縮袋もオススメでよく滑るのですが、もう一つおすすめの素材があります。それは、

  • 米袋(10キロ)

頑丈だし、大きさも手ごろで、こちらもよく滑ります。もし、家に余っているのがあれば、こちらを使うのもいいかもしれませんね~。


スポンサーリンク


遊ぶ子供の体格に合わせてダンボールサイズを変更し、色々な大きさのソリを作って楽しめると思います!



当サイトには、面白いことかっこいいことから、子供向けの工作クイズまで幅広く記事があります♪



そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪