世の中にはさまざまな動物がいて、超貴重な動物には高価な値段がついたりします。

でも、どんな動物が貴重で、どのくらいの値段がするのか、なかなかわからないですよね。

気になって調べると、猫や犬など超有名な動物以外に、「こんな動物もいるのか」といった種類もいて面白いです。

この記事では、珍しくて高価な動物を高い順にランキング形式でご紹介しますね♪


スポンサーリンク

高価で珍しい動物

最初に、金額順に珍しい動物たちを一覧でご紹介しますね。

順位動物名金額
1位フサイチペガサス約8400万ドル(84億円)
2位ザグリーンモンキー約1600万ドル(18億円)
3位ドルチベタン・マスティフ約736万ドル(8億円)
4位ス・ミッシー約120万ドル(1億2千万円)
5位オカピ約30万ドル(3000万円)
6位インドサイ約30万ドル(3000万円)
7位ゴールデンターキン約15万ドル(1500万円)
8位ホワイトライオンの子供約14万ドル(1400万円)
9位ランスロット・アンコール約13万ドル(1350万円)
10位ローランドゴリラ約7万ドル(700万円)

1位の84億円はすごいですね!

珍しくて超貴重な動物にはこんなに高価な金額で落札されるのかと驚きました。

それでは、一つずつご紹介してきますね。


スポンサーリンク


フサイチペガサス

  • 金額:約8400万ドル(84億円)
  • 種類:ウマ目のウマ科
  • 出生地:アメリカ

フサイチペガサスは競走馬のサラブレッドです。

フサイチペガサスが売りに出される前までは、ザグリーンモンキーの16億円が最高値でした。

しかし、フサイチペガサスがその歴史を塗り替えて84億円というぶっ飛んだ値段が買い取られます。

このような値段が付けられているのは、アメリカクラシックで優秀な成績を何度も収めたからです。

その偉大な血を持った馬の血を子供に引き継いでもらうために、84億円で買い取られました。

そして、フサイチペガサスの血を継ぐバンディニやマンルーラーなどは、レースで優秀な成績を収めています♪

ザグリーンモンキー

  • 金額:約1600万ドル(18億円)
  • 種類:ウマ目のウマ科
  • 出生地:アメリカ

ザグリーンモンキーは競走馬のサラブレッドです。

ザグリーンモンキーが2歳の時にアメリカの競馬場で売りに出されて、1600万円ドルという破格の値段で落札されました。

なぜここまで値段が跳ね上がったのかというと、アメリカクラシック二冠を達成した馬とアメリカクラシック三冠を達成した馬の血を受け継いでいるからです。

その高価さから、当時はかなり話題になったようですね♪

落札後はさまざまな競馬場で活躍しました。

しかし、輝かしい成績を残して14歳で亡くなります。

ドルチベタン・マスティフ

  • 金額:約736万ドル(8億円)
  • 種類:イヌ科イヌ属
  • 生息地:中国のチベット

ドルチベタン・マスティフは犬の仲間です。

犬と聞くと可愛らしいものを思い浮かべるかもしれませんが、ドルチベタン・マスティフはその想像をはるかに超えてきます。

というのもドルチベタン・マスティフは体高66cm、体重64~82kgもあるのです!

もはや犬とは呼べないサイズですよね?

仮にペットのようにじゃれて来られるとひとたまりもありません。

そのサイズの大きさも相まってドルチベタン・マスティフは8億円です。

サイズも値段も犬の範囲を超えていますね。

ミス・ミッシー

  • 金額:約120万ドル(1億2千万円)
  • 種類:鯨偶蹄目ウシ科
  • 出生地:カナダ

ミス・ミッシーは飲用乳向けのホルスタイン種です。

牛の仲間ですが、世界で最も高価な牛と言われています。

通常の牛を1頭買いすると100万円ですが、その値段をはるかに超えた高価さですね。

また、ミス・ミッシーは「ウェスタン・フォールナショナルショー」の優勝牛でもあります。

その評判が一気に広まって、ミス・ミッシーを買いたいという人が続出したそうです。

そのため、1億2千万円という高値で売れました。


スポンサーリンク


オカピ

  • 金額:約30万ドル(3000万円)
  • 種類:哺乳綱偶蹄目キリン科
  • 生息地:コンゴ民主共和国中部および北部・東部

オカピはキリン科に属しますが、足がシマウマ模様になっています。

また、首もそこまで長くないのでキリンっぽさはそこまでありません。

そんなオカピですが、購入すると日本円で3000万円もするといわれています。

オカピは動物の中でもキュートな見た目をしていますが、その見た目とは裏腹にかわいくない値段ですね♪

インドサイ

  • 金額:約30万ドル(3000万円)
  • 種類:哺乳綱奇蹄目サイ科
  • 生息地:インド北東部、ネパール

インドサイはサイの一種で、動物園にいることが多いサイです。

例えば上野動物園ではインドサイがいます。

そんなインドサイは1頭で3000万円です。

大きくてかっこいい見た目ですが、想像以上の高価さですね♪

ゴールデンターキン

  • 金額:約15万ドル(1500万円)
  • 種類:ウシ目ウシ科
  • 生息地:ブータン、中国の山岳地帯

ゴールデンターキンは中国地方の山岳地帯にするターキンの一種です。

ターキンはヤギのような見た目をしていますが、ゴールデンターキンは黄色の毛で全身に包まれています。

大きさも牛より大きく、バッファローのような見た目です。

見た目がゴージャスなだけあって、金額が1500万円と高価な値段になっています。

その高価さから、中国では第一級保護動物に指定されているほどです。

ちなみに、日本では多摩動物園に行くとゴールデンターキンを見られますよ。

ホワイトライオンの子供

  • 金額:約14万ドル(1400万円)
  • 種類:食肉目ネコ科
  • 生息地:南アフリカ

ホワイトライオンの子供は体毛が白色のライオンです。

通常のライオンは生息数が多いので、5~150万円とそこまで高価ではありません。

しかし、ホワイトライオンは世界に300頭前後しか生息しておらず希少です。

ライオンよりも圧倒的に貴重なので、1頭当たり1400万円という高値が付けられています。

そのため、ホワイトライオンを個人で買うのは難しいです。

ランスロット・アンコール

  • 金額:約13万ドル(1350万円)
  • 種類:ネコ目イヌ科
  • 出生地:アメリカ

ランスロット・アンコールはラブラドール犬ですが、ただのラブラドールではありません。

というのも、ランスロット・アンコールはラブラドールのクローン犬です。

2008年にガンでラブラドール犬のランスロットが亡くなりました。

それを悲しんだ夫妻が、韓国の研究機関にクローンを作ってもらうことを決心します。

その研究で生まれたのがランスロット・アンコールです。

その研究に1350万円かかったので、ランスロット・アンコールの値段は高価になっています。

まさに愛情の深い飼い主だからこそなせるわざですね♪

ローランドゴリラ

  • 金額:約7万ドル(700万円)
  • 種類:霊長目ヒト科
  • 生息地:アフリカ地方(アンゴラ、ウガンダ、ガボン、カメルーン南部など)

ローランドゴリラはアフリカにいるゴリラの一種です。

ちなみに、アフリカ地方によってはニシローランドゴリラ・ヒガシローランドゴリラと呼ばれます。

生存数で見るとヒガシローランドゴリラの方が貴重です。

そして、上野動物園にいるローランドゴリラは1頭700万円と言われています。

品種によって金額は異なりますが、基本的に500万円前後です。

ゴリラは動物園で定番の動物ですが、中にはこんな高い種類もいるのですね♪


スポンサーリンク


珍しくて高価な動物トップ10をご紹介してきました。

どのような人が買うのか全く想像がつきませんが、飼い主も動物も幸せに過ごしてほしいものですね~。

このサイトでは、面白い・かっこいいことを紹介している記事がたくさんあります!


よかったら、こちらもご覧になってくださいね♪



すべての工作をまとめている記事は、こちらになりますので、よかったらご覧になってくださいね。

また、素材別でも、まとめ記事をご用意していますので、ぜひご活用ください!
  • スライム
  • 牛乳パック
  • ペットボトル
  • ストロー
  • 紙コップ
  • 割り箸
  • 紙皿
  • レジン
そして! 当サイトの最大のウリでもある、動画をYoutubeにたくさんアップしています!

クリックしてお気に入りに登録してください♪ 1週間に3回くらいアップしています♪


スポンサーリンク